So-net無料ブログ作成

大阪センチメンタルポタ 6 威風堂々 [pottering]

s-aa01a.jpg
s-aa01b.jpg

威風堂々!

大阪市中央公会堂 ・・・ 有名な建造物ですが
確かにエネルギーを感じますね
ヘレンケラーやガガーリンも講演したことがあるそうですヨ

.

続きを読む


nice!(18)  コメント(22) 

大阪センチメンタルポタ 5 谷町二丁目出張所 [pottering]

s-g01.jpg

オフィスかよっ ・・・

前記事の続きではありませんが、ついついツッコミたくなるこの店構え
なに屋さんだかわかりますか?
今日はここにお友達の写真を見にきたのです

いのちの塔に見送られて僕がやってきたのは
大阪城西側のオフィス街、谷町二丁目

.

続きを読む


nice!(20)  コメント(22) 

大阪センチメンタルポタ 4 break [pottering]

s-001.jpg
(旭東中学校前)

♪かなし~ことが~あると~
♪ひらく~かわの~ひょうし~

好きなんやろな ・・・

大阪をポタってると、やたらとツッコミたくなりますね(笑)

.

続きを読む


nice!(19)  コメント(25) 

大阪センチメンタルポタ 3 いのちの塔 [pottering]

s-b02a.jpg
s-b02b.jpg

ここに来てよかった
RedBull じゃないけれど、翼をさずかった気がする
もっと自由でいいんじゃないか

あらゆる概念にとらわれずに
すべてのしがらみを振り解いて

.

続きを読む


nice!(20)  コメント(22) 

大阪センチメンタルポタ 2 郷愁 [pottering]

s-a02.jpg

初秋と言えども昼間の陽光はまだまだ強く大樹の影が気持ちいい
太い幹にもたれかけて風を感じているとついうとうと ・・・
名前もまともに知らないけれど大樹っていいなぁ♪

.

続きを読む


nice!(21)  コメント(24) 

大阪センチメンタルポタ 1 終わらない夏 [pottering]

1s-05.jpg

せっかくの秋
感傷的な気分にでもひたってみようかと
ひさしぶりの輪行

.

続きを読む


nice!(18)  コメント(20) 

秋、蒜山からはじめよう 5 無垢の流れに [touring]

s-01.jpg

橋上でひとり川面を見つめるじいさんがいた
何かいるのかと尋ねると、魚がいないなと思って見ていると言う
昔は網を仕掛けるたびに大漁で 「ババァが喜んだ」 とか

魚が減った今でもオオサンショウウオはいるらしい
今は飼うこともできないけれど昔はよく食ったと言う
下痢に効くとも
美味いのかと尋ねると、美味いと思って食ってたと思うとのこと
ずいぶん昔のことなんだろう

.

続きを読む


nice!(19)  コメント(26) 

秋、蒜山からはじめよう 4 BEEF [touring]

s-f01.jpg
s-f02.jpg
s-f03.jpg

藪に首を突っ込んで奴の姿を捉えた
至近距離で落ち着きもなくウロウロウロウロ ・・・
ドカッと暴力的にのしかかってくるあの狂おしい香り
思わずむせび、そして涙ぐむ
おらぁ、ポアゾンの方がええど
んぬむおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぅぉぅぉぅぉ~~~っ!
突然、魅惑の低音がうねりをあげる
まるで深い洞窟の奥底から響いてくるよう

木の陰でシャッターを切っている
先ほどから気になっていること ・・・
鼻のところから垂れ下がっている綱はどこにつながっているんだろう
雑草に隠れてよく見えない
まさか、どこにもつながってないってことはないよな(汗)

ふいに向きをこちらに変えた
ジッとこちらを見ている(汗)
全く動かない
ロックオンされてるやん
緊張感の中、奴の顔を見ながらオレは思った

ウ、ウライ先輩 ?

.

続きを読む


nice!(17)  コメント(20) 

秋、蒜山からはじめよう 3 粋呑 [touring]

s-d00a.jpg
s-d00b.jpg

小学生の兄弟に名前を教えてもらった "すいとん"
ここ休暇村蒜山高原周辺には親玉がいましたヨ!

緑に癒されながら牧草地を大きく回りこみます
馬や牛がいたりお店があったりとなかなか賑やか
蒜山の大先輩 "angirasさん" はここ休暇村を拠点にまわられるそうです
それにしても今年になってもう3回も行ったとは、なんてうらやましい!
記事を書いてて、また行きたくなってきてる僕です(笑)

.

続きを読む


nice!(20)  コメント(30) 

秋、蒜山からはじめよう 2 natural high [touring]

s-c01.jpg

もう米子道で "蒜山" って案内を目にした時点で胸のシンバルが鳴りはじめてたんですよね。車窓から蒜山三座が見えたときには僕のテンションメータは振り切れそうでした。で、ホントに振り切れちゃったのがお目当ての "蒜山高原自転車道"。気分がいいから気づけばドンドン速度が上っちゃうんですよね。何度も行過ぎて引き返して撮りましたヨ。この日の僕はハイだったなぁ~♪一日中ニヤニヤしながら走ってたと思いますヨ ・・・ あっ、タチゴケのとき以外ネ(笑)

.

続きを読む


秋、蒜山からはじめよう 1 祝タチゴケ(初) [touring]

s-a01.jpg

いったぁ~~~っ!

しばしそのままの体勢で痛みが治まるのを待つ
体もXTC2もそんなにややこしいことにはなってなさそう
とりあえずはこのまま一枚 ・・・ カシャッ

先ほど ・・・
メール着信に気づいて減速しながら確認
おっ、charingoさんからやぁ
さらに減速しながら読もうとするが手元がぶれて読めない
さらにさらに減速するが読めない
しょうがない停まって読もう ・・・ 左足を着こうとすると
あっ、ビンディングやった!!!
解除しようとプチパニック
皮肉にも倒れたあとに解除されていました
(良い子のみんなはメールは停まってからネ)



s-a02.jpg
ここから立ち上がるのにもまたひと苦労
この体勢で右脚をひねって解除するのが難しいのです



s-a05.jpg
うわっ、ひざから血が血が ・・・
打ち身とすり傷ですけどね
(お見苦しい写真で申しわけありません)



s-a03.jpg
左ひざから舗装路へガツンといったけど
左肩が雑木へ倒れこんだのが不幸中の幸いかな



s-a04.jpg
ゆるやかに下る緑のトンネルの中で
人知れず転びました ・・・ 誰もいなくてよかった

誰かが言ってた "転んだ痛みより恥ずかしさの方が辛い" って
その気持ちがよ~く分かりました
XTC2を起こしてるときにジョギングの人が通りかかったのですが
ひと際大きな声で挨拶しましたもんっ
"オレはコケてなんかいない" とばかりに(笑)

ビンディングを導入すれば誰もが一度は経験するというタチゴケ
これで僕も一人前のビンディングバイカーってことかな
・・・ 9月18日、蒜山高原自転車道でのヒトコマでした

.

続きを読む


nice!(23)  コメント(38) 

Peace. [pottering]

s-01.jpg

「あれ、もう蝉鳴いてないやん」
「そらそうや、もう秋やさかいな」
「ほな、ちょっとは過ごしやすうなったんかな」
「いやぁ~ここは夜露で寒いくらいや」
「むずかしいもんやなぁ」

僕は煙草に火をつける
・・・ ふ~っ

カラッと涼しくて気持ちいい
足下をうろつく平和の象徴たち
なにもかもがあいかわらずでした

.

続きを読む


nice!(17)  コメント(12) 

夏の終わりは淡路島 5 さよなら夏の日 [touring]

s-71.jpg

そして、たこフェリーで帰る

山王少年や伊勢のオトコマエがいるような気がしてあたりを見渡しました
いるわけないか
彼らも夏と一緒に消えたのか ・・・

今日はローディーさんも少なめ
ちょっと寂しい
秋だなぁ~

.

続きを読む


夏の終わりは淡路島 4 まいどぉ~あついでんなぁ~ [touring]

s-51.jpg

完全に四方を山に囲まれてしまった ・・・
伊加利小学校前
山間、田園地帯の三叉路
右か左か、またしても悩む
地図は持っているものの大雑把過ぎて意味を成さない
ここには珍しく信号機があるけど車は皆無
路駐の軽トラ一台のみ
しょうがないまた待つか ・・・
人影もなく車も通らないまま時間が流れた

こういう時にどこからともなく現れて助けてくれるのが
"帰ってきたアニキ" ってもんじゃねーのかよぉ~
キャプテンハーロックのように ・・・
チクショ-現れる気配のかけらもないぜ(涙)

.

続きを読む


nice!(15)  コメント(20) 

夏の終わりは淡路島 3 ポアゾンの女 [touring]

s-49.jpg

この日のターニングポイントはこの分岐でした
ここから歯車が狂いはじめたのです
道路の質が違う右側を避けて左側へ
長い長い坂道をせっせせっせと登りました

やがてピーク
これはちょっとおかしいかも ・・・

.

続きを読む


nice!(16)  コメント(22) 

夏の終わりは淡路島 2 波音を聞きながら [touring]

s-16b.jpg

海沿いを走っていると時々こういうお店を見かけますね
いかにも新鮮そうなのですが自転車ではねぇ~
生ものじゃなくても荷物を増やすのは億劫なのです
たまには何か買って帰ろうかなとも思うのですが ・・・

琵琶湖をまわったときには "ひこにゃんストラップ"
小豆島では "オリーブ衣装のキューピーキーホルダー"
せいぜいそんなところですね
あっ、岡山のきび団子は喜んでたなぁ~
みなさんはどうしてるのかな ・・・

.

続きを読む


nice!(20)  コメント(28) 

夏の終わりは淡路島 1 ビリケンタイヤに履き替えて [touring]

s-01.jpg

長かった今年の夏もそろそろ終わらせよう
そんな思いで、またまた淡路島を走ってきました

で、ひさしぶりにXTC2にRibmoを履かせました。Pana racer Ribmo 2.0 ・・・ スリックタイヤなんですが、先っちょがビリケンさんのアタマのように尖ってて接地面の幅が10mmもないんですよね。年初にギア関係を大幅にグレードアップさせたし、ビンディングも導入したしってことで、オンロード仕様でどこまでやれるのかを試したかったのです。

結果、疲れませんねぇ~♪
漕ぎ出しと加速がグイグイくる
ペダリングをやめてもなかなか減速しない
平地ならアウタートップの楽々ペダリングで30km/hrキープでいけます
この日の走行距離は165kmでしたが200kmくらいまでなら楽しんで走れそうかな
(風向き他の種々の環境やコンディションにもよるのでしょうが)
ただ、K-RADのエアーボリューム感と路面を選ばないってところも捨てがたい
ヒジョ―に悩ましいところですな ・・・ (笑)

.

続きを読む


nice!(16)  コメント(28) 

無人島へ 4 たこフェリーに乗って [pottering]

s-60.jpg

帰りのたこフェリーで一緒になった単車旅のあんちゃん
なかなかのイケメンでしょ(笑)

この日は結構、話しかけられることが多かったですね
行きの山王少年もそうだし、このあんちゃんもそう
話しかけやすい雰囲気が僕から出ていたのかなぁ
それなら何よりなんだけど ・・・

二輪車の待ちあい場所にて
「こんにちわ~どこ行ってきたんですか」
「由良の無人島、そっちはどこ行ってきたん?」
「九州一周して四国まわって・・・」
お互いに "ひとり" に飽きてきた頃だったのか話がはずみました
フェリーに乗ってからもずっと話してました
なんか昔からの友人のような気がしたんですよね(笑)

.

続きを読む


nice!(33)  コメント(51) 

無人島へ 3 第四砲台 [pottering]

s-46.jpg

風は通らないものの、影だけあって少しは涼しいのです
闇の中から鮮やかに浮かんだ緑を眺めながらホッとひといき
ときどき木々がざわめいたりして

由良湾南にある生石の砲台跡です
そこそこの勾配をシャカシャカシャカシャカと登ってきました
木々に被われていて涼しかったのですが、汗、息切れ、咳き込み、嗚咽、汗、汗、汗
渡し船のおじさんの話しでは、戦後になってから米軍に爆破されたとか
なるほど、わやくちゃです
それゆえの "何か" も見つかると思うのですが ・・・

.

続きを読む


nice!(18)  コメント(20) 

無人島へ 2 成山散策 [offroad]

s-21.jpg

無人島 "成ヶ島" の北端には小高い "成山" が鎮座している
九十九折のその登山道は木々に被われて昼間でも薄暗い
狂ったように鳴き続ける蝉、蝉、蝉
時おり木々の隙間からまばゆいばかりの陽光が射す

道は雑な舗装路に砂利と枯葉という最も滑るパターン
傾斜は緩くなんとか乗車のまま登りきることができました

頂上の広場で出迎えてくれたのはまたまたこの種の看板
"歓迎 ようこそ" って書いて ・・・ ・・・ ・・・ ないよなぁ~(苦笑)

.

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。