So-net無料ブログ作成

小豆島ツーリング 1 smile [touring]

s-001.jpg
いい笑顔でしょ。

今回の小豆島ツーリングの終盤 "大坂城残石記念公園" で出会ったMTB乗りさんたちです。
大阪から来られて日帰りで一周されるとか ・・・ なんてパワフルなんだ!
ちなみに左の方が64才、右の方が66才。
しまなみから琵琶湖までいろんなところを走られています。
66才の方なんて大阪から岡山までを自走したとか ・・・ ギョッヘ~!

にこやかで穏やかな口調についつい長話しになってしまいましたが、ホントに楽しかった―ッ!!!
教えて下さった大阪北港・スーパー堤防周辺は是非とも走ってみま~す。

よおし、少なくともあと20年は自転車に乗れるぞ~!(笑)

続きを読む


nice!(25)  コメント(32) 

小豆島ツーリング 2 fine! fine! fine! [touring]

s-a01.jpg
はぁ~れたそらぁ~そ~よぐかぜぇ~♪

姫路港から1時間半、ようやく行く手に小豆島が見えてきました。
晴天、風も強くない ・・・ わくわく!わくわく!

続きを読む


nice!(18)  コメント(22) 

小豆島ツーリング 3 時をこえて [touring]

s-b01.jpg
「どこから来なさった」
「神戸です」 ・・・ (加古川って言っても多分わからないだろうなと)
「へぇ~えらいまた遠いとこからはるばると ・・・ 自転車でか」
「はい、フェリーと自転車です」
「せっかく遠いとこから来てくれたったんや、醸造を見せたろ」

そう言うとここのご主人らしき爺さんは木の階段を上っていきました。
そして階上から僕に手招き。
背筋もシャンと伸びてちょっとダンディでしょ(笑)

続きを読む


nice!(19)  コメント(30) 

小豆島ツーリング 4 峠のむこう側 [touring]

s-c02.jpg
「繊細やなぁ~」
「これはまだ太い方や」
「へぇ~、それにしてもきれいなもんやなぁ~」
「ええ日和やしな」
「写真撮ってもいいですか」
「おうヨッ!」

続きを読む


nice!(18)  コメント(16) 

小豆島ツーリング 5 だけじゃない ・・・ [touring]

s-d01.jpg
真っ二つに砕かれた里山。
そこに見えるのは "傲" 以外のなにものでもない。
美しくない風景 ・・・

"大坂城残石記念公園" で charingoさんと再会を果たし一路福田港へ。
あいかわらずアップダウンの多いルートでしたがパノラマチックでもありました。
美しい風景もたくさんあったけど採石場沿いは気が滅入ったなぁ~
大人の事情もわかるけどよぉ~

続きを読む


nice!(22)  コメント(30) 

丹後半島 1 夕立のあと [touring]

s-CA3G0408.jpg

おっ、虹っ!

福知山の空にきれいな半円の虹がかかりました
西は夕陽が射しているのにどしゃぶりの雨
出るぞ出るぞと思っていると案の定ですヨ (笑)
しばしボ―ッと眺めながら、今年の夏もそろそろいっちゃうなぁ~
・・・ なんてネ

.

続きを読む


nice!(27)  コメント(28) 

丹後半島 2 伊根ノムコウ [touring]

s-CA3G0090.jpg

丹後半島、伊根より先はどんなだろう ・・・

昨年もそして先日も、伊根を訪れるたびに若狭湾の美しさに魅了されっぱなし
"いつの日にか伊根より先へ行ってみたい" 当たり前のようにそう思うようになりました
でも、まさかこんなに早く実現できるなんて ・・・ 実はうれしい誤算だったのです♪♪♪
.

続きを読む


nice!(25)  コメント(28) 

丹後半島 3 伊根の暮れ方 [touring]

s-BA3G0225.jpg

ほらね、やっぱりここは特等席なんですよ
橋の縁石に腰掛けて談笑する2人のお婆さん
先ほど、僕もこの場所の神さまに歓迎されてたんですよね(笑)

「写真撮ってもいいですか?」
「こんな八十も越えた婆さん撮ってもしょうがないじゃろ」 ケラケラケラケラ♪
「長いこと伊根におっての人を撮りたいんですヨ」
「そらぁ、わしらは長いわい」 ケラケラケラケラ♪
長生きの秘訣がわかったような気がしました
それにしてもお2人共、手の所作がなんか少女っぽかったなぁ~(笑)

.

続きを読む


nice!(17)  コメント(22) 

丹後半島 4 宮津の朝 [touring]

s-CA3G0255.jpg

2日目、8月8日(日) 朝

宿をチェックアウトして、とりあえずは阿蘇海沿いにやってきました
海面がキラキラと輝いてすがすがしい気分なのです
天橋立が真横から見渡せます(写真中央の濃い緑のライン)
その向こうには栗田半島 ・・・

.

続きを読む


nice!(14)  コメント(12) 

丹後半島 5 由良川ゆらゆら [touring]

s-CA3G0316.jpg

コットン ・・・ コトン ・・・ コットン ・・・ コトン ・・・ コットン ・・・ コトン ・・・
ゆっくりゆっくり
ながいながい単線鉄橋を列車が最徐行で渡ってゆきます
夢をみているような風景
いつかみた夢だったかも知れない

ここにはどうしても立ち寄りたかったんですよね
由良川橋梁 ・・・ 由良川の河口にかかる鉄橋で全長552メートルもあります
タイミングよく北近畿タンゴ鉄道の列車がやってきました

.

続きを読む


nice!(26)  コメント(38) 

舞鶴からもゆらゆら [touring]

s-xxx.jpg

敬礼~ッ!

僕がやるなら上段左側のルーマニア式がいいなぁ~(笑)
ちなみに海自式の正しい敬礼は脇をしめてだから、コマネチ式いやルーマニア式の隣ですね
手首がまがっちゃって "オィ~ス!" になっちゃってますが ・・・ (笑)
脇をあけるのはかっこいいけど陸自式、狭い艦内ではやりにくいですもんね
さらにエライさんになればなるほど相手に掌を見せる

知らなかったのですが ・・・
海上自衛隊舞鶴造修補給所では、毎週末に入港している艦艇を公開しているらしいです
さらに、この盆休み中は毎日公開しているとか
住所と名前を書いて首からIDカードをぶら下げて入所
写真撮影も自由で甲板にも上らせてくれます
イージス艦が入港することもあるらしいですよ
なにより海自の兄ちゃん達がとっても爽やかでフレンドリー

ラッキーでした
ここは再訪したいですね

.

続きを読む


nice!(26)  コメント(38) 

真夏のがいな製麺所 [touring]

s-02.jpg

木陰、水面、OCR3、そして 風になびく"氷"
涼しそうでしょ~♪
実はムチャクチャ暑かったのです

灼熱の昼下がり
鴨池湖畔にて

.

続きを読む


nice!(30)  コメント(59) 

夏の終わりは淡路島 1 ビリケンタイヤに履き替えて [touring]

s-01.jpg

長かった今年の夏もそろそろ終わらせよう
そんな思いで、またまた淡路島を走ってきました

で、ひさしぶりにXTC2にRibmoを履かせました。Pana racer Ribmo 2.0 ・・・ スリックタイヤなんですが、先っちょがビリケンさんのアタマのように尖ってて接地面の幅が10mmもないんですよね。年初にギア関係を大幅にグレードアップさせたし、ビンディングも導入したしってことで、オンロード仕様でどこまでやれるのかを試したかったのです。

結果、疲れませんねぇ~♪
漕ぎ出しと加速がグイグイくる
ペダリングをやめてもなかなか減速しない
平地ならアウタートップの楽々ペダリングで30km/hrキープでいけます
この日の走行距離は165kmでしたが200kmくらいまでなら楽しんで走れそうかな
(風向き他の種々の環境やコンディションにもよるのでしょうが)
ただ、K-RADのエアーボリューム感と路面を選ばないってところも捨てがたい
ヒジョ―に悩ましいところですな ・・・ (笑)

.

続きを読む


nice!(16)  コメント(28) 

夏の終わりは淡路島 2 波音を聞きながら [touring]

s-16b.jpg

海沿いを走っていると時々こういうお店を見かけますね
いかにも新鮮そうなのですが自転車ではねぇ~
生ものじゃなくても荷物を増やすのは億劫なのです
たまには何か買って帰ろうかなとも思うのですが ・・・

琵琶湖をまわったときには "ひこにゃんストラップ"
小豆島では "オリーブ衣装のキューピーキーホルダー"
せいぜいそんなところですね
あっ、岡山のきび団子は喜んでたなぁ~
みなさんはどうしてるのかな ・・・

.

続きを読む


nice!(20)  コメント(28) 

夏の終わりは淡路島 3 ポアゾンの女 [touring]

s-49.jpg

この日のターニングポイントはこの分岐でした
ここから歯車が狂いはじめたのです
道路の質が違う右側を避けて左側へ
長い長い坂道をせっせせっせと登りました

やがてピーク
これはちょっとおかしいかも ・・・

.

続きを読む


nice!(16)  コメント(22) 

夏の終わりは淡路島 4 まいどぉ~あついでんなぁ~ [touring]

s-51.jpg

完全に四方を山に囲まれてしまった ・・・
伊加利小学校前
山間、田園地帯の三叉路
右か左か、またしても悩む
地図は持っているものの大雑把過ぎて意味を成さない
ここには珍しく信号機があるけど車は皆無
路駐の軽トラ一台のみ
しょうがないまた待つか ・・・
人影もなく車も通らないまま時間が流れた

こういう時にどこからともなく現れて助けてくれるのが
"帰ってきたアニキ" ってもんじゃねーのかよぉ~
キャプテンハーロックのように ・・・
チクショ-現れる気配のかけらもないぜ(涙)

.

続きを読む


nice!(15)  コメント(20) 

夏の終わりは淡路島 5 さよなら夏の日 [touring]

s-71.jpg

そして、たこフェリーで帰る

山王少年や伊勢のオトコマエがいるような気がしてあたりを見渡しました
いるわけないか
彼らも夏と一緒に消えたのか ・・・

今日はローディーさんも少なめ
ちょっと寂しい
秋だなぁ~

.

続きを読む


秋、蒜山からはじめよう 1 祝タチゴケ(初) [touring]

s-a01.jpg

いったぁ~~~っ!

しばしそのままの体勢で痛みが治まるのを待つ
体もXTC2もそんなにややこしいことにはなってなさそう
とりあえずはこのまま一枚 ・・・ カシャッ

先ほど ・・・
メール着信に気づいて減速しながら確認
おっ、charingoさんからやぁ
さらに減速しながら読もうとするが手元がぶれて読めない
さらにさらに減速するが読めない
しょうがない停まって読もう ・・・ 左足を着こうとすると
あっ、ビンディングやった!!!
解除しようとプチパニック
皮肉にも倒れたあとに解除されていました
(良い子のみんなはメールは停まってからネ)



s-a02.jpg
ここから立ち上がるのにもまたひと苦労
この体勢で右脚をひねって解除するのが難しいのです



s-a05.jpg
うわっ、ひざから血が血が ・・・
打ち身とすり傷ですけどね
(お見苦しい写真で申しわけありません)



s-a03.jpg
左ひざから舗装路へガツンといったけど
左肩が雑木へ倒れこんだのが不幸中の幸いかな



s-a04.jpg
ゆるやかに下る緑のトンネルの中で
人知れず転びました ・・・ 誰もいなくてよかった

誰かが言ってた "転んだ痛みより恥ずかしさの方が辛い" って
その気持ちがよ~く分かりました
XTC2を起こしてるときにジョギングの人が通りかかったのですが
ひと際大きな声で挨拶しましたもんっ
"オレはコケてなんかいない" とばかりに(笑)

ビンディングを導入すれば誰もが一度は経験するというタチゴケ
これで僕も一人前のビンディングバイカーってことかな
・・・ 9月18日、蒜山高原自転車道でのヒトコマでした

.

続きを読む


nice!(23)  コメント(38) 

秋、蒜山からはじめよう 2 natural high [touring]

s-c01.jpg

もう米子道で "蒜山" って案内を目にした時点で胸のシンバルが鳴りはじめてたんですよね。車窓から蒜山三座が見えたときには僕のテンションメータは振り切れそうでした。で、ホントに振り切れちゃったのがお目当ての "蒜山高原自転車道"。気分がいいから気づけばドンドン速度が上っちゃうんですよね。何度も行過ぎて引き返して撮りましたヨ。この日の僕はハイだったなぁ~♪一日中ニヤニヤしながら走ってたと思いますヨ ・・・ あっ、タチゴケのとき以外ネ(笑)

.

続きを読む


秋、蒜山からはじめよう 3 粋呑 [touring]

s-d00a.jpg
s-d00b.jpg

小学生の兄弟に名前を教えてもらった "すいとん"
ここ休暇村蒜山高原周辺には親玉がいましたヨ!

緑に癒されながら牧草地を大きく回りこみます
馬や牛がいたりお店があったりとなかなか賑やか
蒜山の大先輩 "angirasさん" はここ休暇村を拠点にまわられるそうです
それにしても今年になってもう3回も行ったとは、なんてうらやましい!
記事を書いてて、また行きたくなってきてる僕です(笑)

.

続きを読む


nice!(20)  コメント(30) 

秋、蒜山からはじめよう 4 BEEF [touring]

s-f01.jpg
s-f02.jpg
s-f03.jpg

藪に首を突っ込んで奴の姿を捉えた
至近距離で落ち着きもなくウロウロウロウロ ・・・
ドカッと暴力的にのしかかってくるあの狂おしい香り
思わずむせび、そして涙ぐむ
おらぁ、ポアゾンの方がええど
んぬむおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぅぉぅぉぅぉ~~~っ!
突然、魅惑の低音がうねりをあげる
まるで深い洞窟の奥底から響いてくるよう

木の陰でシャッターを切っている
先ほどから気になっていること ・・・
鼻のところから垂れ下がっている綱はどこにつながっているんだろう
雑草に隠れてよく見えない
まさか、どこにもつながってないってことはないよな(汗)

ふいに向きをこちらに変えた
ジッとこちらを見ている(汗)
全く動かない
ロックオンされてるやん
緊張感の中、奴の顔を見ながらオレは思った

ウ、ウライ先輩 ?

.

続きを読む


nice!(17)  コメント(20) 

秋、蒜山からはじめよう 5 無垢の流れに [touring]

s-01.jpg

橋上でひとり川面を見つめるじいさんがいた
何かいるのかと尋ねると、魚がいないなと思って見ていると言う
昔は網を仕掛けるたびに大漁で 「ババァが喜んだ」 とか

魚が減った今でもオオサンショウウオはいるらしい
今は飼うこともできないけれど昔はよく食ったと言う
下痢に効くとも
美味いのかと尋ねると、美味いと思って食ってたと思うとのこと
ずいぶん昔のことなんだろう

.

続きを読む


nice!(19)  コメント(26) 

宍道湖と蒜山 1 秋深し [touring]

s-CA3G0312.jpg

蒜山高原CRはすっかり秋の様相です
CR沿いの牧場公園の紅葉がきれいに色づいていました
時間を忘れてしばし見上げる ・・・

11月6日、7日の2日間でcharingoさんと秋のツーリングに行ってきました
映画「Railways」で有名になった一畑電鉄沿線とまたまたの蒜山
深まる秋を体感してきましたヨ♪
ポツリポツリとUPしますネ

.

続きを読む


nice!(27)  コメント(38) 

宍道湖と蒜山 2 快晴 [touring]

s-CA3G0051.jpg

バタ電沿いをゆく
気ままに無人駅をたどりながら ・・・
朝陽にきらめく宍道湖
もう、なんにも言えねぇ~♪

.

続きを読む


nice!(24)  コメント(28) 

宍道湖と蒜山 3 学童クラブ [touring]

s-01.jpg

これなら毎日でも通いたくなりますよネ♪

.

続きを読む


nice!(21)  コメント(14) 

宍道湖と蒜山 4 電鉄沿線 [touring]

s-19.jpg

高浜の稲生神社の鳥居
広々とした田園の緑に鳥居の朱がよく映えます

一畑電鉄沿線は魅力ある景色であふれています
考えてみれば、宍道湖もフォーゲルパークも変電所も学童クラブも
みんな電鉄沿線なのですが ・・・ (笑)

.

続きを読む


nice!(23)  コメント(15) 

宍道湖と蒜山 5 旧大社駅にて [touring]

s-01.jpg

正面の窓ガラスにはりついて中を覗き込む
思わず息をのんだ
背後からの西日が駅舎のあらゆる窓から射し込む
そして構内の大きな空間を乱舞
万華鏡だ ・・・

.

続きを読む


nice!(16)  コメント(14) 

宍道湖と蒜山 6 Railways [touring]

s-01.jpg

旧大社駅とは打って変わって一畑電車 "出雲大社前駅" は人、人、人
さすが現役だぁ!
ステンドグラスが西日に照らされて、壁に色を落としたりして
ちょっとオシャレな駅だったのです♪

.

続きを読む


nice!(23)  コメント(16) 

宍道湖と蒜山 7 dramatic [touring]

s-CA3G0286.jpg

2日目、11月7日、松江から蒜山へ
そして道の駅 "蒜山高原" に着くなり解散ッ!
「じゃあ16時に!」
この日は "いつもの" 別行動
思い思いに蒜山を楽しみましたとサ♪

くもりのち晴れ ・・・
秋本番の蒜山はとってもドラマチックだったのです

.

続きを読む


nice!(26)  コメント(18) 

片鉄ロマン街道 2010 秋 [touring]

s-CA3G0056.jpg

もう一週間も前になるのですが、島根&蒜山の一泊ツーリングの翌週、11/13に車載で片鉄ロマン街道へ行ってきました。今回は会社の自転車仲間のパヌキさんとご一緒しました。晴れの予報に反して一日中うっすらと曇っていましたが、一年ぶりのロマン街道は走り応えもあってやっぱりいいコースだと再認識したのでした♪

片鉄ロマン街道は鉱山鉄道の廃線跡を自転車道にしたコースで、雄大な吉井川に沿って北上してゆく自然豊かなコースなのです。僕がはじめての輪行で訪れたのがこのコースで、すっごく感動したのを覚えています。それからあちらこちらに輪行に出かけるようになったのも、きっと一番はじめにここに来たからだと思うのです。

※ このコースの詳細は "片鉄ロマン街道" で検索してみて下さい。
  多くの方の記事がHITしますヨ♪

.

続きを読む


nice!(27)  コメント(23) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。